日本ソルトコーディネーター協会について

理念

私たちは、もっと塩を楽しむ、より豊かな食文化を創造するため、
生産者の地位向上を図るため、
塩を理解し、その魅力や楽しさをより多くの人に伝えていきます

ごあいさつ

一般社団法人日本ソルトコーディネーター協会 代表理事 青山志穂

塩は人間の生命維持に欠かせない重要な物質であると同時に、これがなければ料理が成り立たないほどの重要な調味料でもあります。
日本では2005年に塩が完全自由化されて以来、幾度かの塩ブームとも呼べる現象を経て、現在では約2,000種類を超える塩が手に入るようになりました。
塩の専門店も各地にオープンし、塩そのものだけでなく、塩にフォーカスした関連製品も数多く発売されています。

しかし、このように塩の種類が増える一方で、塩に関する正しい知識や料理への活かし方などに関する情報は、どこにもありません。たくさんの塩が手に入るようになった今だからこそ、正しい知識をもとに選択し、活かし、楽しむということが、これから食に求められているのではないでしょうか。
また、専売制度が終わってからまだ歴史が浅いために、塩業界ではまだまだ製品に関してのマーケティング力が弱く、消費者の声を製品に反映しきれていないという現状もあります。

生産者と消費者の架け橋として、塩を通じて地域の食産業の活性化を図るとともに、正しい塩の知識を広くお伝えすることで、日常生活がより豊かに楽しくなるお手伝いをすることが、当協会の目的です。
ぜひ、一緒に塩を楽しんでいきましょう。

一般社団法人日本ソルトコーディネーター協会 代表理事 青山志穂

活動内容

01
塩の研究
テイスティングなどの官能検査や科学的根拠に基づき、1つ1つ異なる塩の特徴を捉え、データベース化しています。
また、その塩に合った最適な使い方を見つけるための実践的な研究を実施します。

02
塩に関する情報の提供
塩の正しい知識を伝えるためのイベントや講座の開催のほか、塩に関する書籍の執筆、メディアの監修など、塩に関する情報提供を様々な手段を通じて行います。

03
ソルトコーディネーターの育成
当協会認定資格「ジュニアソルトコーディネーター」「ソルトコーディネーター」「シニアソルトコーディネーター」の養成講座を通じて、塩の正しい知識と楽しみ方を理解した塩のプロフェッショナルを育成します。

04
塩の販売
製塩企業は小規模であることが多いほか、様々な事情から市場のニーズにすぐに対応できない場合もあります。より多くのお客様に塩の楽しさをお届けするために、当協会では、協会および資格保有者による塩の販売を実施し、より多くの消費者に塩をお届けします。

05
地域産業の活性化
現在日本では豊富な種類の塩が、各地域の特色を活かして生産されており、お土産品にとどまらず、地元飲食店や企業などで活用されています。これをさらに浸透させ、食文化の1つとして確立させるための活動を行っていきます。また、製塩企業のアドバイスなどレベルアップのための活動も行い、地域産業の活性化に努めていきます。

協会概要

名称
一般社団法人日本ソルトコーディネーター協会
所在地
〒901-0403 沖縄県島尻郡八重瀬町字世名城177番地
電話
098-800-2019(10時~17時)土日祝休
※スタッフが不在の場合がございます。
お問い合わせは下記ボタンよりフォームをご利用ください。
FAX
098-993-7566(24時間受付)
役員
顧問 奥田政行(アル・ケッチァーノ オーナーシェフ)
代表理事 青山志穂
理事 倉持恵美
HP
http://saltcoordinator.jp/
メールアドレス
info@saltcoordinator.jp