塩検定・塩の資格なら日本ソルトコーディネーター協会

講師紹介

養成講座を担当する講師をご紹介します

様々な知識を持った講師陣が塩の魅力をお伝えします

青山志穂(代表理事・シニアソルトコーディネーター)Lecturer_Aoyama

東京都中央区出身。沖縄県在住9年目。
料理好きの母の下、幼少の頃から様々な国の料理を食べて育ち、食べるの大好き!な食いしん坊に育つ。
慶應義塾大学総合政策学部を卒業後、カゴメ株式会社に入社。営業や、トマト製品およびパスタソースのマーケティング・商品開発に携わる。2007年に退社し、沖縄に移住。
2008年に沖縄の塩の専門店「塩屋」入社。数年をかけて日本初のソルトソムリエ制度(社内資格制度)を立ち上げる。教本づくりや社内資格制度の運営体制の設立のほか、スタッフトレーニングや人材採用・育成、商品開発、広告宣伝の責任者を務める。
2012年に、一般社団法人日本ソルトコーディネーター協会を設立し、独立。全国各地を飛び回りながら、講演活動やメディア出演など、塩の魅力を広く伝えている。
代表著作に「日本と世界の塩の図鑑」(あさ出版)、「塩図鑑」(東京書籍)、「琉球塩手帖」(ボーダーインク)など。

 

倉持恵美(理事・シニアソルトコーディネーター・フリーアナウンサー)Lecturer_Kuramochi

大阪府出身。酒屋の孫娘として子供時代を過ごす。
大学卒業後、トヨタアムラックスプリティとして車関係の仕事に就く。その後、フリーアナウンサーに転職する。
2009年から沖縄に移住し、琉球朝日放送でニュースキャスターを務める。また、琉球放送の料理番組「KIRINプレゼンツえみのライブキッチン」では、生放送で料理を作り、パーソナリティを務めている。
ソルトコーディネーター、利き酒師、泡盛マイスター、Jr野菜ソムリエ、フードアナリスト等、食や酒に関する多彩な資格を有し、食レポーター、食育講演会、料理教室講師なども積極的に行う。 カンヌ映画祭で日本酒をサーブした経験も持つ。卓越した表現力や美しい立ち振る舞いで、塩の魅力やその伝え方をレクチャーします。

 

 

田中園子(シニアソルトコーディネーター・Salt&Deli solco店主)Lecturer_Tanaka

理系学問を大学で学び、外資系製薬会社の開発職を長らく経験。のちに野菜ソムリエ協会にて企画運営に従事し、ロンドンのスローフード協会にて日本食を紹介するイベントを行うなど様々な食のプロジェクトにかかわる。2013年に塩に開眼し、ソルトコーディネーターを取得。2014年より塩のイベン トを開催し、塩の感動を人々に伝える活動を開始。2014年12月に東京都品川区戸越銀座商店街に、塩の専門店「salt&deli solco」をオープン。
ソルトコーディネーター協会きっての理系女子で、理科的な見地から味の変化について解き明かします。

 

 

坂井洋子(シニアソルトコーディネーター・イラストレーター ほか)10276526_315172601963667_1851479975_n

広告会社での約10年間の営業・企画職を経て「食」の世界に転身。「食」「野菜」「健康」をキーワードに学び経験を積む中で「塩」と出会い、その奥深さと面白さに興味を持つ。 イベント・講座の開催や、塩のコーディネート、マンガレポートなどを通じて、塩を中心に食の楽しさを伝える活動を行っている。

 

 

 

 

弥生一葉(シニアソルトコーディネーター・野菜ソムリエ)yayoi

富山県出身。
百姓の家系の父と、漁師の娘である母の間に生まれ、新鮮な食材に囲まれた子供時代を過ごす。進学のため上京後、レストランホールスタッフ、デザイン、イベント企画を経て食と地域のおもしろさに目覚め、2013年富山県にUターン。シンプルな調理で富山のおいしい食材の魅力を引き出したいという思いから塩にハマり、ソルトコーディネーター養成講座を受講。
地元富山で、塩づかいの楽しみを伝えるワークショップや料理講座、イベントでの塩の販売を行っています。
そのほか、主婦目線で日常をちょっと素敵に楽しくする様々な講座を開催するグループ、shufuu:le(シュフーレ)で塩講座を担当。
<shufuu:leホームページ>https://www.shufuu-le.com

 

 

近藤伸夫(シニアソルトコーディネーター・㈱オフィスタクト代表取締役 ほか)近藤伸夫2017

福井市の広告代理店勤務を経て、23歳で独立。その後、ラジオ番組の制作に携わり、自らも20年にわたりラジオでパーソナリティを務める。28歳で㈱オフィスタクトを設立。以後、福井県はもちろん、全国の企業イベントのプランニングから設立・運営までトータルに行う。
2014年からライフワークとして塩の勉強を開始。調理師の資格を活かし、料理学校や経営者勉強会などで塩に関する特別講義を行うほか、2016年には自ら塩入りシャンプーを開発。
鉱物収集を趣味とし、自宅に220㎏のアメジストを所有。写真撮影では、北國写真サロン2年連続福県知事賞を受賞するなど確かな腕前を誇る。お酒も好きで、テキーラと塩の組み合わせには一過言あり。音楽はボサノバを聴き、歌うのはアニメからカンツォーネまで幅広い。


則竹里美(シニアソルトコーディネーター・地域振興、6次産業化支援コンサルタント ほか)

FullSizeRender
大手化粧品メーカー、コンビニエンス業界、外資系コンサルティング会社を経て2015年に独立。独立後、地域産品の販路開拓、6次産業化支援等を行う中で野菜などの地域産品と「塩」の扱いに差があることに違和感を感じ、塩の世界へ。
「塩づくり」の歴史・背景を知り心が大きく揺れました。「塩づくり」の現場を訪ねると「生産者の思い」を受け止める度に目頭を熱くし、この思いに寄り添う形で活動ができれば、と思っています。
日々の食事がもっとおいしく・楽しくなる、塩の魅力をたくさんの人とシェアしていきます!

 

 

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 098-996-2189 受付時間 10:00 - 17:00(土日祝除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © Japan Salt Coordinator Association All Rights Reserved.